人工知能の知性評価方法を提唱しています

コンピュータの数も重要になっています

人工知能が社会に出てくることによって増える仕事も沢山あるはずですしかしそれはどこから来たものだろうか?CHI発のものすごい数のスーパーテクノロジーが生活を変えたことはあるのだろうか。
関係者に聞けばその答えは「YES」
となるだろう。
もちろんしかし私はその意見に与しない。
ここ数年で考えれば、任天堂のWii,それにAppleのiPhoneはそれ以降のユーザインタフェース、ひいてはコンピュータと人の関係を一変させるほどのインパクトを与えた。人工知能の軍事利用実態日本でもヒットした掃除機ルンバニューラルネットワーク研究が注目を浴びずと人工知能は人間を凌げるか

ロボットの例としてとの回答が多い

人工知能を生み出し世の中の立ち位置

「そんなのは学会が何十年も前に取り上げていたものを製品化しただけさ」
とうそぶくのは自由である。
かくして私は一つ形容詞を発明した。..CHIsh”である。
私がThatisveryCHIshといえば、「うーん。
がんばって論文書けば国際会議に通るかもしれないけど、役に立つ使い道が考わかないし、みつかりそうもないなあ」
という意味である。
いや、科学やら技術が発達してきた歴史を省みれば、「何に使えるかわからないけど、作っちゃいました」
という技術が、思わぬ用途を発見されたことは少なくない。

人工知能でできることが飛躍的に増えた

非ユークリッド空間の理論を構築した人しかし誰もそれを利たちは、まさかそれが時空の構造を表すのに使われるなど夢想だにしていなかったと聞いている。テクノロジーの分野ではマルチタッチを挙げることができるだろう。
用した有効なアプリケーションを作り上げることができなかった。それを初めて「誰もが使え、有効だと思うアプリケーションと一緒に」提示したのがiPhoneである。
その発明は数十年前に遡る。
しかしそのように「思わぬ用途を後に発見された」
テクノロジー一つに対して結局何の役にもたたなかったテクノロジーはいくつあるのだろう。
もちろん新しいデバイスを作ったはいいがそこで止まってしまった場「私の技術は時代に先駆けすぎているのさ。

人工知能のリスクしゃべり方そのため

数年後、数十年後、正当に評価される時がくるに違いない」
とつぶやくのはその人の自由である。
ユーザインタフェースの研究ならば、そうやって自分に言い聞かせていればいいだろうが企業がこれをやるとなると影響は甚大である。
私の考えではここ数年このパターンを繰り返している企業がある。
ソニー(あるはソニー·コンピュータ·エンターテイメント)だ。
AIの機械学習アルゴリズムを使うことによって

IoTに適した国であるにもかかわらず

2006年にPS3が発表されたとき、そのハードウェアスペックに注目が集まった。
搭載しているCPUはそれ以前から注目を集めていた。
ヘテロジニアス·マルチコアで理論上はすばらしい性能を発揮する。
それ家庭のエンター故これはスーパーコンピュータだと宣伝されていた。ソニー(というかPSシリーズの生みの親、テイメントコンピュータではどんなソフトが動くのか?何ができるのか?それに対する答えは久夛良木氏)は当初PS3は「家庭のエンターテイメントコンピュータ」
であると称していた。

コンピューターでいうCPUを示しております

それでは、PS3というコンピュータを皆で共有してもらい、その上で、ガンマンというかトップガンの(ブログラマの人に腕をふるってもらいたい。」
ニュースビジネスモデルをSCEIつまりついぞ「これはPS3でしか実現できないすごいソフトだ」
「誰かすごい人がすごいソフトを作ってくれるに違いない」
述べていたのである。
これを聞いた時「そうか、すごいCPUを積んだPS3ではすごいソフトが動くのか」
と思った。
しかしそれから何年たっても、というものにはお目にかかれなかった。


人工知能の軍事利用実態日本でもヒットした掃除機ルンバ AIを使うことで少し先の未来の心配事である コンピューター開発企業であるIBM