インターネットを飛び交うようになり

人工知能のマニュアルには色の分布マニュアルしかありません

ロボットにメッセージに添付されたQRコードを見せる
本当にミノルはロクデナシのクズ野郎でス』
『ミノルのエロRPGはその当時男性教諭が没収しましたが本人の非公開設定の日記の非公開にし忘れいていた時期のアーカイブではゲームを絶賛して攻略方法をまとめたリやリ込み要素までコンプリートして続編を熱望していましタ』「いや、ぜんっぜんっ嬉しくないからなその情報,Jミノルはさっきからベッドに飛び込んで足をバタバタさせている。
「人工知能作ったその日に人工知能から黒歴史発掘されちゃう開発者は世界中に俺だけだろうな…」
『だから言ってるじゃないですカ。

AI時代に突入するとそれ世の流

長い目で見ればこの先いいこともアリまスつて』
「ア、アリスさん2.Iその後ミノルは2時間ほどねむった…そして……目をさましてからしばらくして黒歴史を思い出し「でも待てよ」
ミノルは夢の中で思考する。
「今やSNSに毎日何千件も日々の出来事をツイートしてる連中は腐るほどいる時代になっている」
ミノルには夢の中でも現実と同じようにものを考えられる特技があった。それもソフトウェアの基本設計やソースコードを夢の中で組んだり大まかなデザインを考えられるなど、本業のプロ開発者が終電まで残業してようやく得られる成果をミノルの場合は自室のベッドで寝ている間に得られてしまうのだ。もっともミノルの場合は普段その特技を「ある別のこと」に使っているが。

 

Watsonが対決したのです

「おまけにSNSにはアプリ連動でGPS情報やら心拍数すら本人が知らない内に外部から閲覧可能なネットワーク上に書き込まれてたりする」
「そいつらの中から比較的行動をデータ化しやすそうな人間を選んで……パラメーターをパッケージ化バッ増やすJ

失敗に導くもの

すばらしいユーザインタフェースを開発、れらのうち「原理主義」に起因するものについて記述する。

コンピュータ上でとか数字の上でなら
新しく、あるいは研究しようとする試みが失敗するのは何故だろう?失敗の原因はそれこそ千差万別だろう。本書でそれら全てについて記述しようとは思わない。そ原理主義とは何か?身も蓋もない言い方をするが、現実世界、その中で生きている人間というのは実に複雑で、矛盾しており、かついいかげんなものだ。私の祖父は「人間ほどいろいろ変わったものはない」
という言葉を残している。若い頃この言葉を聞いた時はピンとこなかったが、年をとるにつれ実感することが多い。
しかし原理主義はそうした「複雑でとらえどころのない」現実、人間というものを少数のきわめて明快な「原理」で割り切る。そして困ったことに人間は答えのない曖昧な状態よりもすっきり!
た断を好むようなのだ。
かくしていろいろな「原理主義」がはびこることになる。

 

AI研究の勇気はたたえられます

そ現実から遊離した主張は多くの場合失敗に終わる。
では、どのように「ふわふわしている」のかを見ていこう。
ユーザビリティ原理主義某学会で「最近ようやくユーザビリティという言葉が説明なしで使われるようになってきた」
とうれしそうに語る言葉を聞いたのが5年ほど前である。それから、ユーザビリティという言葉はさらに浸透したと思って間違いないだろう。
最初に強調しておきたいのだが、私はここで「ユーザビリティはカスだ」と主張しようとしているわけではない。

人工知能という表現を使わず

インターネットを飛び交うようになり原理主義者は、それぞれの流儀にあった「記号」
を問題の本質であるかのように語る。
ユーザビリティ原理主義者にとっては製品が売れないのは「ユーザビリティの問題」
だし、ア,レゴリズム原理主義者にとっては「ア»ゴリズムの問題」
だろう。
もちろんそれが「正解」であることもあるかもしれない。
しかし現実は少数の原理で割り切るには少し複雑すぎるようだ。原理主義に染まった主張を聞くと「ふわふわしているなあ」
と思う事が多い。


インターネットを飛び交うようになり ロボット密度では世界一 テクノロジーに対してとても楽観的に見えます